東トルコの旅 ヴァンへ

旅行

東トルコの旅 ヴァンへ
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

その原産地たるトルコで一般に「ヴァン猫」と呼ばれている猫種がある。それは「ターキッシュバン」とは異なる[10]。琥珀色または青色またはこれらを併せ持つオッドアイの目/水との親和性/その名称および原産地方という共通点がありはするものの[12]、トルコの地に言う「ヴァン猫」には被毛全体が白一色―すなわち白猫であるという原則がある[10]。ターキッシュバンと同じくこの「ヴァン猫」も希少な種であり、「トルコの生きた文化遺産」との呼び声がある。トルコを開催の地とする2010年のバスケットボールの世界選手権大会に際しては、この大会それ自体を象徴するいわゆるマスコットたる存在としての選定を受けることにもなった[13]。

出典 http://ja.wikipedia.org

旧約聖書の地を目指して

イスタンブールからヴァンへ

トルコへは初めての旅だった。イスタンブール、サマルカンド、シルクロードという言葉に高校時代から何かわけがわからないけれど心躍るワクワク感が湧き上がっていた。シルクロードの旅トルコ編、いつものようにリュックをかついで、同行者に連れられての旅となった。
夜のイスタンブールを見て、翌早朝ヴァン行きの飛行機に乗った。小さなプロペラ機で、預けた荷物は飛行場の地面に置かれていて、今から飛行機に積み込まれるところだった。大丈夫かなあと飛行機の心配と荷物の心配をした。
下に見えるヴァン湖は本当にきれいだった。湖の色が蒼・水色とはっきり分かれ、その透明度も上空から見えた。ヴァンの空港はこじんまりとした空港だったが、銃を肩にした兵士がうろうろしていた。「クルド人地区やから」と同行者。
ヴァンにホテルをとって熱いティーで一服。ホテルのオーナーの案内でヴァン湖のアクダマル島、イサクパシャ屋敷跡、今はないヴァン城跡の見学にでかけた。

トルコ一広大なの湖ヴァン湖は流入する河はあるが、流出する河はなく塩水。ヴァン湖にあるアクダマル島には10世紀に建設されたアルメニア教会が残っていてアダムとイヴ、へびのレリーフも見られる。

出典 http://www.hankyu-travel.com

イサクパシャ屋敷跡  99年という年月をかけて造られたという。NHKの「シルクロード50選」にも登場していた。シルクロードを行く商人たちから通行税を取っていたという。周辺の広大な景色を見渡す場所に建設されていて牢獄もあったらしい。

ホテルで日本の若い女性と出会った。彼女はトルコ在住でここのホテルのオーナーと知り合いとのこと。オーナーは安心な人だということで、彼女と同行者で明日からのツアーの交渉をしていた。オーナーはノアの箱舟跡には行かないと言っているらしい。同行者はなら他に当たると言ったら、お金儲けをのがしてはならずと何とかオーナーも了解したらしい。明日からの二泊三日の行程が決まった。

1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録